債務整理は法律に触れたり罰則はあるの?

ここからは、カードローンの借金返済の債務整理について、疑問に思われることを中心に説明していきます。あなたがすでに何かしらで借金をしていましたら、そのことについてどのように自分自身は思っているのでしょうか?もしかしたら、借金をするなんて何てダメな人間なんだ、いけないこと、分かっているのにヤメることができない、などいろいろあるかと思います。つまり、借金をしていることに対して罪悪感を少なからず持っているはずだと思います。それで借金返済ができなくなったとしたら、さらに自分を責めてしまうようなことになりかねないと思います。では、借金返済ができなくなって債務整理をすることになったら、法律に触れる、または罰則のようなことはあるのでしょうか?
この債務整理に関しては特に法律に触れることはありません。あわせて罰則のようなものはありませんので、その点は安心をしてください。債務整理をするには弁護士や司法書士が入って手続きをします。法律に則って仕事をする人が法律に触れるようなことは絶対にしませんよね。そのため、債務整理というのは法律で認められている合法的な方法になっているのです。また、そのため罰則のようなものも特にありません。ただし、債務整理をしますと、いろんな面で制限がかかることがあります。例えば自己破産などをした場合、持っている資産などで特に価値のある高価なものは、借金返済するために没収されることがあります。

債務整理をしているときは取り立てに来るの?

借金をしているときに1番怖いこと、といったらどのようなことになるでしょうか?その1番怖いこととしては、やはり借金が返せなくなったときにどうなるのか、ということではないでしょうか?当然ですが、借金が返せなくなったときには、督促などがカードローン会社などから送られてきます。そして、もう1つは取り立てに来るのでは、という不安感や恐怖感などではないでしょうか?それで、自宅まで取り立てに来られて、近所にもそれが知られてしまうから、というのも考えている方もいるかもしれませんね。しかし、何とかなるから、と先送りしてしまうこととなり、結果的に悪循環に陥ってしまうこととなるのです。そうなると、より大変なこととなりかねません。やはりやってはいけないのは、無視です。そうなると、向こうも取り立てや督促などをして来るわけです。では、そこで債務整理をしているときには、取り立てに来るのでしょうか?
これに関しては、取り立てに来ることはありません。なぜなら、借金をしている人に変わって弁護士や司法書士が対応してもらえるからです。それと同時に、借金をしている人に取り立てや督促をしないように、通知をするからです。その代わりに督促や交渉に関しては、弁護士や司法書士のこちらがやりますよ、何かあったらこちらに連絡ください、ということにするわけです。つまり、債務整理をしているときは、弁護士や司法書士とだけやりとりをすればいい、ということになるのです。

債務整理をしているときに制限はあるの?

債務整理というのは、法律上認められた借金返済ができない人の救済措置になるのです。つまり、債務整理をしてもよっぽど悪質なものではない限り、法律に触れるようなことはないのです。変な話になりますが、借金返済ができなくて債務整理をしても、特に問題はない、ということになるのです。もちろん、これは決して債務整理をオススメしているわけではありません。債務整理をすることになったら、次からは2度とそのようなことがないように生活面から見直して、再スタートすることがとても大切です。では、債務整理をすれば、どんなことでもできるのでしょうか?また、何かしらの制限や法律に触れなくてもペナルティーみたいなものはあるのでしょうか?
まず、民事再生と自己破産の場合には、必ず裁判所を通すことになります。それで抱えている借金をどうするのか、それを決める必要があります。そのため、その情報が官報に掲載され、事実上、公に公表されます。また、カードローン会社、クレジットカード会社などから信頼を大きく失うため、ローンやクレジットカードの作成などができなくなります。ゼロとはいいませんが、審査に通るのが難しくなります。また、自己破産をした場合には、職業、移動や旅行に大きな制限がかかります。つまり、破産して破産管財人の管理下にある場合には、郵便物も含め、いろいろとチェックや制限がかかります。また、資産価値のあるものは、借金返済のために手放すことになります。

万が一再度債務整理をすることになったらどうなるの?

債務整理をしましたら、基本的には弁護士や司法書士などが決めた方針に従って借金返済などを行います。また、自己破産の場合には、民事再生よりも制限がかかりますが、その分借金の返済から解放されることになります。もちろんこれは、民事再生がいい、自己破産が悪い、またはその逆ということはありません。この債務整理という救済措置を取ってもらいましたら、それに従って次回は絶対にしない、借金はしない、などの決意が必要です。そのために、節約した生活、質素な生活を送ることも必要になってきます。しかし、それで生活できる、ということが分かれば、それ以上ムダな出費も減る、ということにもなるのです。債務整理をすることになってしまったら、その事実を変えることはできません。要するにそこから、どうやって復帰するか、ということがとても重要になってくるのです。では、債務整理をして、万が一再度、債務整理をするようなことになったら、どのようになるのでしょうか?
基本的には債務整理をする回数には制限はありません。しかし、2度目となりますと、やはり厳しい目で見られる可能性も考えられます。そうなりますと、ローンやクレジットカードなどの作成などはかなり難しくなります。また、いろんな制限を引き続き受けることとなります。そのため、最初の債務整理後に、どれだけ生活を立て直しができるか、ということになるのです。そのため、2回目の債務整理はない、しない、という自覚が必要です。